農家・漁師さんへ

「産地」より「さんち(家)」
というファンづくり。

私たちがお届けしたいのは、「産地」ではなく「さんち(家)」。
例えばお米。北海道にはお米の産地として評価されている地域はいくつかあります。
しかし、名産地でなくても、美味しいお米をつくっている農家さんが地方にいます。

フルーツの町として知られる北海道仁木町。
ここに「峠のふもと紅果園」という観光農園があります。
エコファーマーである生産者の寒河江仁(さがえひとし)さんは、 見た目よりも「味」と「安全性」を優先した昔ながらの食べ物づくりを大切にし、 季節の果物やトウモロコシ、お米をつくっています。

さがえさんちのお米

お米は北海道水準の農薬散布量の半分以下に抑え、化学肥料を減らし 収穫量よりも食味にこだわり、「ななつぼし」や「おぼろづき」を栽培しています。
私たちはこのお米を「さがえさんちのお米」で売り出してきました。

北海道も産地の一つと考えれば、「産地」はもちろん重要なエッセンスです。
しかし、私たちは名のある「産地」にはこだわらず、「さんち (家)」という「顔が見える」生産者にこそスポットを当てたいのです。
そして作った人(獲った人)の人柄や想いを旬の味覚と共に消費者の皆様へお届けすることで、食べてくれた方々が生産者のファンになってくれることを何よりも願っています。
たくさんの方が長くファンになってくれれば、生産者の励みになり、収入も安定することでしょう。

生産者は消費者のことを考えて良いものをつくり、消費者は生産者から良いものを手に入れて食べる。
生産者と消費者の想いがつながる、そんな美味しい間柄を数多く築くことによって、ふるさと北海道を応援したいと考えています。

この考えを道内・道外の生産者・消費者に伝え広めるために、私たちは、「じもふる」という新しい通販サイトを開設しました。
「〇〇さんち」も、「☐☐さんち」も、手塩にかけた生産品のお話を聞かせてください。

私たちは現地へ伺い、生産者に会い、取材をしてから個々の商品を「じもふる」で紹介・販売します。

ぜひ、私たちと一緒にやりましょう!

自治体・メディアの皆様へ

地方自治体の方へ

「じもふる」を運営する株式会社ひととは、北海道小平町の「タコ箱漁オーナー」を主催者の阿部喜三男漁師と共に復活させ、特産品であるミズダコの全国PRを果たしました。宝物のように眠っている生産者の情報をお知らせください。地方創生や地域の美味の掘り起こしに一役買います。

メディアの方へ

ここにご紹介する生産者への取材希望がございましたら、ぜひご連絡ください。マスコミ様のお力添で生産者および生産品が道内・道外のより多くの方々に広まることで、漁師、農家が注目されます。地方がクロースアップされ、生産者やこの地をふるさとに持つ方の励みになることでしょう。