特集「北海道米」

北海道といえば食の宝庫!
新鮮な海産物や農産物が有名ですが、中でも今は米が人気となっています。
生産者のさまざまな手間ひまがぎゅっと詰まった
北海道のお米をお届け致します。

おぼろづき

1

位置情報のアイコン厚真町

河村敏弘さん

歴史のある米づくりの町である厚真町で、お米づくりの他に花栽培を行うなど「考える農業」を実践。
農薬は最少限の使用にとどめ、厚真の土地と水と相性が良いお米は、過去に米-1グランプリ銀賞の実績を持つほど。
丹精込めて実らせるお米は、繰り返し購入してくれるファンの方が多くいらっしゃいます。

ななつぼし

2

位置情報のアイコン仁木町

寒河江仁さん

食べてくれる人の想いにお応えする、安心・安全な本物の美味しさづくりに取り組み、
収穫量よりも「食味」と減化学肥料・減農薬などの「安全」と「環境」を優先した農業を実践。
観光農園と直売所を兼ねており、お米の他にも果物や野菜などを手がけ、
お客様の「旨い」を糧に日々農業に取り組んでいます。

おぼろづき

3

位置情報のアイコン旭川市

請川幹恭さん

食の安心安全をめざした農業を理念に掲げている請川さん。
昼夜の寒暖差と潤い豊かな伏流水が農作物を育てるのに適している上川盆地で
15ヘクタールの減農薬栽培の米をはじめ、小麦、大豆、そばをつくっています。
農家でありながら、飲食店プロデュースから日本酒づくりまでマルチに活躍しています。

毎日食べるものだから
美味しさも安全もこだわりたい

じもふるでは、生産者の顔が見えるから
美味しさにも安全にもこだわれる

北海道米の
魅力

広大な大地と豊かな水
生産者のさまざまな手間ひまがぎゅっと詰められて
全国でもトップクラスの米どころになりました。
日本穀物検定協会による食味ランキングで
最高位の特Aランクの評価を得ているものもあるほど、
高い評価を得るようになってきました。
じもふるで取り扱いがあるお米の特徴をご紹介します。

粘りと風味の美食米
おぼろづき

おぼろづきは北海道米の中でも最も粘り気の強い品種です。
その力強い粘り気と、ほのかな甘みが絶妙にマッチして独特の味わいを醸し出しています。
以前、食味官能試験では、新潟産のコシヒカリに匹敵する評価を得たうえに、試験販売の段階ではその評判から「幻のお米」とも呼ばれたほどです。
冷めても固くなりにくく、おいしさが長続きするため、お弁当に詰めてもおいしいです。

甘みと粘りの究極のバランス
ななつぼし

北海道米の中でも一番作付けが多い品種です。
日本検定穀物協会の食味試験9年連続「特A」を獲得!
ほどよい粘りと甘みを持ち、形が崩れにくいのが特徴です。
味と食感のバランスがよく、さらに冷めてもおいしさが続くために人気となっています。
「ななつぼし」という名は、北斗七星のように輝いてほしいという願いから名づけられました。その願いの通り、北海道を超えて全国的に輝き始めています。