こちらの商品は販売期間が終了しています
来年の旬をお楽しみに!

販売期間
11月30日
まで

生産者の
佐藤仁さん

寿都湾の恵みと佐藤家秘伝の味わい「漁師のいくら醤油漬と寒干しトバ」

寿都町

100g・2パック

¥5,830
(税込)(※送料込)

寿都町の漁師、佐藤仁さん

寿都町の漁師、佐藤仁さんの手づくりいくらを令和初冬のごちそうに

寿都町の漁師・佐藤仁(ひとし)さんが旬の季節にご自宅で食べている「漁師のいくら醤油漬」と「寒干しトバ」を今回特別に「じもふる」より皆様へご提供できることになりました。お届けは11月中旬から12月下旬(12月25日頃)までとなります。数量限定ですので、ご注文はお早めにどうぞ。
2019年のフィナーレに、令和初冬のパーティーに、漁師手づくりの味をぜひお取り寄せください。

寿都湾の景色

寿都町の位置を北海道地図で確認しましょう

北海道地図を頭に思い浮かべてください。日本海側の積丹半島より南下して進むと地形がぽこっと窪んだところがあります。寿都湾を取り囲む弓状の町、そこが寿都町です。わずかな平野部には朱太川(しゅぶとがわ)が流れ、町の大部分は山林または原野で、山地が海岸まで迫っています。
自然豊かな地形により17世紀頃には人が住み始め、ニシン漁など漁業を中心に発展してきました。
また、奥州を逃れた義経・弁慶一行が蝦夷地に渡り、この地に滞在したという伝説があります。それに由来し、寿都町西北の政泊漁港そばの岬は「弁慶岬」と呼ばれています。

水揚げの様子

寿都港では秋鮭をはじめ四季折々に様々な魚介類が水揚げされます

自然が歳月をかけてつくった天然の漁場・寿都湾は、北海道指折りの豊漁の海として知られています。
寿都町漁協ホームページのお魚カレンダーを見ていただけると、寿都湾で獲れる魚介類の豊富さに驚かれることと思います。秋鮭やホッケが主力魚種で、他にカレイ、ホタテ、ウニ、アワビなどが漁獲され、港の市場ではセリ人の威勢のいい声が毎朝響き渡ります。

たくさんの秋鮭
秋鮭は、産卵のために母なる川へ帰ってくる鮭たち。その赤い腹にはたっぷりと卵を抱えています。漁師たちは海に大型の定置網を仕掛け、鮭を漁獲します。その時期が秋の9月~11月で、ピークは9月10月。
この地には、寿都湾に流れ注ぐ朱太川があり、寿都の海を一層豊かにしています。

佐藤さんが作ったいくら
脂の乗った寿都の秋鮭は市場で大変人気があり、卵巣を加工した筋子やいくら、寒干しにしたトバも評判です。
そんな寿都湾の豊富な恵みを背景に、鮮度抜群の漁師のごちそうがつくられているのです。

引き揚げられた寿牡蠣

「寿都秋鮭」以外にも、漁協ブランド「寿牡蠣」など優れた美味が豊富

カネショウ佐藤漁業の佐藤仁さんは「じもふる」を運営する株式会社ひととが主催した「地元川柳」コンテスト(2019年2月受賞者発表)で生産者審査員を務めてくれました。当漁場で有名な漁師の一人で、特に寿都町の特産品である「寿牡蠣」の生産者として広く知られています。

寿都湾は北海道では数少ない牡蠣の生産地。湾内では牡蠣やホタテなどの養殖漁業が盛んに行われています。
「寿牡蠣」は養殖試験などを経て、約20年前に誕生しました。寿都町漁協の「寿がき部会」が苦心の末に育てあげ、種苗の購入から生産、販売までを管理しています。もとはマガキで、寿都町の「寿」(ことぶき)を名前に取り入れ、当漁協のブランド商品にしました。

美味しそうに並ぶ寿牡蠣

北海道日本海の栄養がたっぷり、春から夏までが旬の「寿牡蠣」

日本海の栄養をたっぷり蓄えた「寿牡蠣」は身が厚く、味の良さと鮮度の良さが好評です。
一般の牡蠣は冬が旬ですが、「寿牡蠣」は4月から6月までが旬。7月まで美味しくいただけます。一般の牡蠣が市場に出回らなくなる春から夏までの時期に「生」で味わうことができ、道内外の牡蠣ファンに喜ばれています。

佐藤仁さんのお父さんである佐藤正幸さんは「寿かき部会」発足当時から長く部会長を務め、「寿牡蠣」の研究開発と販売に尽力してきた方です。シケの多い日本海でより安定した生産を図るため牡蠣の養殖法を工夫したり、作業の一層の効率化をはかったりして重量選別の機械化を進めてきました。
そのノウハウや考えを佐藤仁さんは受け継いでいます。

カネショウ佐藤漁業と佐藤さん

「鮮魚・鮮貝」のことならカネショウ佐藤漁業へ、漁師の直営店も人気

カネショウ佐藤漁業は、寿都町と海岸沿いの町々をつなぐ雷電国道と呼ばれる道道299号線の海側にあります。「漁師の直売店」として人気があり、生簀のある店内では寿都湾で獲れる旬の魚やホタテ、牡蠣、干物などを販売しています。選んだ魚を捌いてくれますし、美味しい魚料理や魚の保存方法なども教えてくれます。鮮度が良いうえ、おまけをしてくれる嬉しさもあり、いつも大繁盛。
毎年4月下旬のGWが始まる頃からは「寿牡蠣」の販売を開始。販売日には、遠方より買い求めに来る人が後を絶たず、早い時間で完売してしまいます。「寿牡蠣」は「生」でも味わえますし、焼いたり酒蒸しにしたりして食べるのも最高です。

漁師がつくるいくら醤油漬

漁師・佐藤家の贅なる幸、手づくりの「いくら醤油漬」と「寒干しトバ」

秋になり、今、佐藤さんは秋鮭などの定置網漁に追われています。今回、皆様にお届けするのは旬の秋鮭の腹に宿っていた「いくらの醤油漬」。
まず、腹から筋子を取り出し、網を使って揉み扱きながら一粒一粒のいくらの玉にします。丁寧に洗い、汚れを取り除きます。
美しくぷりぷりとした大粒のいくらを醤油に漬けこみ、独自の味付けで「漁師がつくるいくら醤油漬」が完成。
当然なことですが、保存料・着色料などは一切使用していませんので、天然の色と卵の旨さ楽しめます。

これぞ、まさに寿都の海の恵み。佐藤家秘伝の味わいです。

いくら醤油漬と寒干しトバのセット
佐藤さんはいくらを専門に扱う加工屋ではありません。その分、手づくり感があり、佐藤家の「漁師の食卓」そのままの味わいを皆様のご家庭や冬の宴でお召し上がりいただけます。
「漁師がつくるいくら醤油漬」は「寒干しトバ」とのセットでお求めいただけます。お届けは11月中旬から12月の下旬(12月25日頃)まで。

この冬、この歳末に、「顔」が見える北海道の漁師のごちそうをぜひご堪能ください。


この商品の生産者について

佐藤仁さん

寿都町

商品詳細
コース種類
「漁師のいくら醤油漬100g×2パック・鮭とば100gセット」コース 限定50セット
予約販売期間
2019年10月8日~11月30日まで
お届け時期
2019年11月中旬~12月下旬(25日まで) 順次お届け
  • 「漁師のいくら漬・鮭とばセット」のお届けは2019年11月中旬以降となります
  • 出荷時期を断定することができないため、出荷日のご指定は承ることができません
  • 限定数に達した場合、販売は終了となります
  • コースが複数ある場合は、「カートへいれる」ボタンの上部の項目からご希望のコースを選択することができます
  • 同様にご希望のお届け月も選択することができます
  • 【お届け時期】になりましたら、順次発送いたします。お届け日は指定できませんが、ご希望の時間帯は指定できます。ご注文の際、「発送・支払方法」にて時間帯をお選びください
  • 新鮮な商品を少しでも早くお客様へお届けできるよう産地での直接梱包を行っております
  • 送料について

    北海道発送で配送先が東日本エリアの場合、【送料】は販売価格に含まれています。
    そのほかの地域は別途、追加送料が必要です。詳しくは、こちらへ。

    satou_2019_ikura

    寿都湾の恵みと佐藤家秘伝の味わい「漁師のいくら醤油漬と寒干しトバ」

    予約販売期間 今季の販売は終了しました
    2019年10月8日~11月30日まで
    お届け時期
    2019年11月中旬~12月下旬(25日まで) 順次お届け
    「いくら醤油漬」の仕込みの状況により出荷が前後する場合がございます。出荷日が近づきましたら、お届け前にメールでご案内します。
    コース
    お届け希望月
    在庫状態 : 売り切れ
    ¥5,830
    (税込) (※送料込)
    今季の販売は終了しました
    数量

    この商品にコメントする

    ※ログイン時のみコメントすることができます。