こちらの商品は販売期間が終了しています
来年の旬をお楽しみに!

販売期間
10月31日
まで
konuma_2019_tomatojuice

生産者の
小沼隆礼さん

小沼農園の土と気候と太陽の恵み。「最高糖度12度!ミニトマトきららのジュース」

旭川市

2本セット

¥5,000
(税込)(※送料込)

「きらら」という名のミニトマト

「きらら」という名のミニトマトをジュースにしました

「きらら」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。
北海道の方はお米の銘柄「きらら397」をイメージする人が多いかもしれません。ご紹介するこちらの「きらら」は旭川市の小沼農園でつくられているミニトマトの商品名です。皮まで飽きなく食べられるフットボール型のレッドトマトで、「きらら」は小沼農園でしか生産されていません。

小沼農園の小沼隆礼さん
4代目生産者の小沼隆礼さんは外部に委託し、この「きらら」を瓶詰めした「ミニトマトきららのジュース」(700ml)を製造しています。糖度10度〜12度のフルーツのような甘さと爽やかな酸味が濃縮され、完熟栽培されたミニトマトらしい旨味と濃厚なコクを飽きなくお楽しみいただけます。
2019年の「ミニトマトきららのジュース」は8月よりつくり始め、9月の製造と合わせて、ワンシーズン1,000本の出荷を予定。このうち2本組・限定50セットを「じもふる」で販売いたします。

旭川エリアにある小沼農園

「農業王国・北海道」を支える旭川エリアの恵みです

北海道第二の都市、旭川市。市街地から離れた郊外エリアには実り豊かな田畑が広がり、数多くの生産者さんが「農業王国・北海道」を支えています。小沼農園もその一つです。

山々が遠くに横たわる平野部に位置しているため、空が大きく、一日の太陽光がたっぷりと農地に降り注ぎます。さらに、北海道の内陸部にありますので、昼夜の大きな寒暖差によって、農作物の糖度が自然に高められる優位な土地柄になっています。

小沼農園のトマト
この地で、小沼家は代々農業を営んできました。半世紀前までは畑作を行い、気候条件にも好適なスイカやメロンなどの露地ものを栽培していました。転換期を迎えたのが1974年(昭和49年)。小沼農園は国の助成金制度を利用し、1棟のビニールハウスを建てました。そこでシソ、ナンバンと共にトマトをつくったのが、トマト栽培の始まりです。以来45年間に渡り、トマトをつくり続けています。

小沼農園のハウス

一年続く、トマト農家の栽培・出荷ローテーション

小沼農園は現在、300平方メートルのハウス2棟と150平方メートルのハウス10棟を構え、「ミニトマトきらら」を中心に生産しています。
トマト農家ですが、トマトばかりをつくっているわけではありません。5月のゴールデンウイーク明けから6月上旬にかけては軟白長ネギの季節。約600坪の畑で栽培しています。評判が良く、農協を通して販売しています。
冬になるとハウスで葉物野菜をつくっています。ほうれん草、小松菜、しろ菜、水菜、春菊、サニーレタス、ルーフレタスなどです。

そんな冬野菜の合間に「ミニトマトきらら」の種まきが始まります。
毎年12月に種をまき、鉢上げ、定植などを経て、収穫を行います。収穫・出荷の時期は6月から11月にかけて、ハウスごとにローテーションを決めて行っています。

甘味と酸味が絶妙なミニトマトきらら

甘味と酸味が絶妙な、飽きなく食べられる「ミニトマトきらら」

旬を迎え、完熟栽培した「きらら」は甘いです。糖度は10〜12度もあります。しかし、「きらら」は甘さを一徹に追求する産物ではありません。その理由を小沼さんは語ってくれました。
「トマトは甘さだけじゃなく酸味も感じられるから美味しいのです。甘さが先に来すぎると飽きがきます。甘味、酸味のトータルバランスが良い、飽きなく食べられるトマト。そんなトマトをつくっていきたいですね」

フットボール型の「ミニトマトきらら」は、お米の「きらら」が世に出る前の1980年代から生産されており、国内の機内食で取り扱われていた時期もあったそうです。現在は、ほとんどが首都圏の一部のスーパーマーケットに出回っているようですが、おおむね入手が困難な味覚であります。

トマトのお世話をする小沼さん

トマトづくりは土づくりから。栄養豊富な完熟堆肥は自家製です

小沼さんは高校を卒業後、実家の仕事を手伝いながらアルバイトなどをしていましたが、20代半ばで就農。以来、20数年に渡り、トマトづくりに携わってきました。
「美味しいトマトをつくるには、土壌づくりが何よりも大切です」と小沼さんは言います。


小沼農園では堆肥専用のハウスがあり、ハウス内の温度と天日干しで微生物や菌をしっかり発酵させた完熟堆肥をつくっています。この栄養豊富な自家製の土壌を使い、化学肥料や農薬をできるだけ使わずに、「ミニトマトきらら」を育てています。夏は暑いと一気に熟して赤くなりますので、絶えず注意を払い、栽培に精魂を尽くしています

トマトハウスの様子

収穫1週間前より水分補給なし。トマトは自ら美味しくなります。

「収穫の一週間前からは水を一滴も与えません」と小沼さん。「あえて厳しい環境、極限の状態にすることで、トマトの生命力を引き出すのです」
ちょっと可哀そうな気もしますが、これは原産地南米の過酷な環境で生き延びてきたトマトの本質に適った栽培法。トマトは生きようとしてありったけの力をふりしぼり、甘味や酸味を強くします。

成長過程で1玉10〜15gほどあった「ミニトマトきらら」は、旨さだけが実の中に凝縮され、収穫時には7gほどになります。実が引き締まっていますので歯ごたえも抜群です。

「きらら」にはヘタがきれいに取れるという特徴があります。緑のヘタを取ったら軸も一緒によれ、赤い皮がやぶれる。そのようなことがないのも果肉や皮が厚くしっかりしているからなのです。

トマトを確認する小沼さん

安心と健康への願いを「ミニトマトきらら」のジュースに込めて

トマトって食べるといかにも体に良い感じがします。朝にトマトジュースを飲んだ時も、その日一日を健康に過ごせそうな気がします。「ミニトマトきららのジュース」は飲む方のそのような想いを裏切りません。
だからこそ、生産者の小沼さんは安心、安全ということを一番に考え、自家製の堆肥や無農薬など自然農法を実践しているのです。

小沼農園では外部に委託し、食べる人の安心や健康を願ってつくられた完熟栽培の「ミニトマトきらら」を使い、「ミニトマトきららのジュース」を製造しています。1本(700ml)に約100個分まるごと瓶詰しています。
「現在は外部業者に製造を委託していますが、将来的には加工場をもって製造まで手掛けたいですね」と小沼さんは言います。

ミニトマトきららのジュースを持った小沼さん

今年のジュースには、今年の「ミニトマトきらら」の味が出る

食塩や糖類、添加物はいっさい使用していない、「ミニトマトきらら」100%のジュース。フルーティーな甘さだけではなく、スッキリ爽やかな酸味があり、トマトらしい濃厚で深みのある味わいを飽きなくお楽しみいただけます。飲料としてはもちろん、お料理やカクテルの材料としても重宝しそうです。

「きらら」の栽培は気象条件や日照時間に影響されますので、味わいも年ごとによって異なります。販売します「ミニトマトきららのジュース」2本(1本/700ml)もその年のトマトの出来によって飲み心地が変わります。賞味期限がありワインのように何年も寝かして飲めるものではありませんが、毎年ご購入いただき飲み比べていただきたいものです。


この商品の生産者について
konuma_2019_tomatojuice

小沼隆礼さん

旭川市

商品詳細
コース種類
「最高糖度12度!ミニトマトきららのジュース2本(1本/700ml)」コース 限定50セット
予約販売期間
2019年8月14日〜10月31日まで
お届け時期
2019年10月上旬〜2020年1月下旬 順次お届け
  • 「ミニトマトきららのジュース」のお届けは2019年10月上旬以降となります
  • 出荷時期を断定することができないため、出荷日のご指定は承ることができません
  • 限定数に達した場合、販売は終了となります
  • コースが複数ある場合は、「カートへいれる」ボタンの上部の項目からご希望のコースを選択することができます
  • 同様にご希望のお届け月も選択することができます
  • 【お届け時期】になりましたら、順次発送いたします。お届け日は指定できませんが、ご希望の時間帯は指定できます。ご注文の際、「発送・支払方法」にて時間帯をお選びください
  • 新鮮な商品を少しでも早くお客様へお届けできるよう産地での直接梱包を行っております
  • 送料について

    北海道発送で配送先が東日本エリアの場合、【送料】は販売価格に含まれています。
    そのほかの地域は別途、追加送料が必要です。詳しくは、こちらへ。

    konuma_2019_tomatojuice
    konuma_2019_tomatojuice

    小沼農園の土と気候と太陽の恵み。「最高糖度12度!ミニトマトきららのジュース」

    予約販売期間 今季の販売は終了しました
    2019年8月14日〜10月31日まで
    お届け時期
    2019年10月上旬〜2020年1月下旬 順次お届け
    「ミニトマトきらら」の状態や気象条件等により出荷が前後する場合がございます。出荷日が近づきましたら、お届け前にメールでご案内します。
    コース
    お届け希望月
    在庫状態 : 売り切れ
    ¥5,000
    (税込) (※送料込)
    今季の販売は終了しました
    数量

    この商品にコメントする

    ※ログイン時のみコメントすることができます。